生命保険のタイプ 終身保険

  • 2009/06/15(月) 15:10:34

生命保険の中で終身保険とは、加入すれば一生涯保障される保険で、いつ亡くなっても保険金が支払われる保険です。一生涯保障され、保険料も一定ですが、その分保険料が定期保険より割高になっています。もともとは養老保険が老後の保険としてありましたが、平均寿命が延びたことで老後の前に満了してしまい無保険状態になってしまうことが増えたため、その欠点を補った形の終身保険に取って代わられています。

また、若いうちから加入しておけば最終的な保険料が定期保険より安くなったり、掛け捨ての定期保険と違い、途中で解約すると解約返戻金が出ます。払い続けることで金額が増え、60歳になる頃に返戻金が保険料より多くなります。この点から、終身保険は貯蓄型保険とも呼ばれています。終身保険の欠点に割高な保険料と書きましたが、保険料の支払いを一定の年齢で終了させる有期払い込みタイプ、一度に全額納めてしまう一時払いタイプ、解約返戻金を抑えて保険料を下げる低解約返戻金型終身保険など、保険料を抑えたプランも用意されています。

また、インフレに対応した変額型の終身保険も売り出されています。こちらは貯蓄面を考えたプランと言えます。終身保険のもう一つの欠点として、加入後すぐ亡くなった場合の保険金が少ないことです。終身保険の保障期間は契約日から一定期間保険料を払い込んだ後から一生涯になるので、それまでの死亡保障は払い込んだ保険料相当になってしまいます。多くの会社がその期間を2年位に設定しているようです。

老後を考えるとできるだけ加入すべきですが、どれだけの死亡保障が必要なのかを収入と保険料を見比べて、定期保険等も活用した上で自分に適した保険に加入するとよいでしょう。



芝刈り | アジアン家具 | 空気清浄機 |