派遣社員の実情

  • 2009/06/22(月) 09:29:50

派遣社員の実情として、派遣社員は雇用契約のある派遣会社から給料が支払われます。それぞれの契約期間が、満了になると、契約更新されるか、仕事が終了になるかのどちらかになるのが派遣社員の実情です。契約が終了すると、次の仕事先を探さなければなりません。契約している派遣会社が都合よく紹介をしてくれるといいのですが、うまくも行かないのが実情ですので、場合によっては仕事がない期間が続くことも派遣社員の実情と覚悟することです。

派遣社員に企業が求めるものは、高度なスキルです。スキルのある人を雇い即戦力とするのが企業の狙いです。社員教育が必要ないことと、即戦力になること、必要なときに必要な数だけ人材がそろうことが企業にとって都合のよいのが派遣社員の実情です。仮に「未経験可」とされていたとしても、実際のところは「未経験よりは経験者のほうが良い」という企業がほとんどですから、未経験者は派遣社員として非常に不利な実情です。

アルバイトでも何でもよいので、経験を積むことです。これは派遣社員として「実務経験」となるもので、専門学校に通いました、とか趣味で長くやってますなどでは通用しない場合が多いことも忘れないでおくべきです。性格については、ほとんどの企業が明るい人柄を求めるという実情があります。

ですから、面接の際にはできるだけ「明るい人」を印象付けることです。「派遣社員」と聞くと、働き方の点等で賛否両論の意見があると思いますが明確な目的意識をもてば、これほど便利な働き方はないとも言えます。



ダイビングライセンス | 芝刈り機の選び方 | ダトニオ:熱帯魚