レーシックについて

  • 2010/04/28(水) 19:42:53

レーシックとは、視力の矯正を高精度のレーザー装置を使って目の角膜の形を変え、近視などを手術によって治してしまおうという治療法です。全世界では毎年数百万人がレーシックを利用しているように、メガネ・コンタクトに代わる第三の視力矯正方法として注目を浴びている 最先端の医療技術です。

レザー治療の共通するメリットには・手術中の痛みをほとんど感じない・手術が短時間で終わる・手術後すぐに視力が回復する・眼鏡やコンタクトレンズを使用する必要がなく手入れが不要で危険が伴うスポーツや仕事ができる・安全性が比較的に高い手術であることのようなことがあります。

このような手術にもデメリットもあります。術後一過性にハロ・グレアが出現する事もあり、ドライアイになることがあります。眼圧が手術前よりも低下するため、眼圧検査時はレーシックを受けたことを申告する必要があります。近視の進行する10代などの若いうちは手術が受けられない事などがあります。

このようなレーシックの長所・欠点から生活の中で、目が疲れるなどといった体質的な理由や性別上、職業上メガネなどかけられない、女性特有の美容上の理由がレーシック手術を受ける動機になっているようです。そして 95%以上の人が裸眼視力が1.0以上まで回復しているようです。


007速配コンタクト | カラコン人気ランキング | グランデブラック | ブラックカラー