多汗症の治療について

  • 2011/02/07(月) 10:25:48

多汗症の方は必ず病院で治療を受けなければならないということはありません。大量の発汗があり多汗症であったとしても、折り合いをつけながらうまく生活ができればそれも対策のうちです。どうして汗をたくさんかくのかわかっていないなら、医師の判断を仰ぐことがおすすめです。

B-UPガールズ | 前島敏也 バストアップダイエット | 福辻鋭記 O脚矯正

何かの病気になったために汗をかくようになったなら治さなければなりませんし、素人判断で多汗症だと決めつけて、いたずらに落ち込んでしまうだけではいいことはありません。病院であなたは多汗症ですと診断されるまでは、大量の汗をかく人でも多汗症ではありません。状況をはっきりさせることで悪いことはありませんので、快適な生活を送るためにも診察をしてもらうことをおすすめします。

いざ多汗症を治療する場合は、症状によって手術、精神治療、内科治療の3パターンがあります。2種類ある手術方法のうち1つ目は、交感神経を手術によっと切り取ってしまうことです。この手術は、手足の多汗症完治に絶大な効果を発揮しますが、他の部分の発汗量が増加してしまうという問題点があります。

2つ目は脇の下の汗腺を除去する超音波手術で、これはワキガ治療にも用いられています。この方法ならば痕もほとんどなく後遺症も起きにくいようです。多汗症の手術はそれほど大きくないですが、やはり手術をするという点には代わりありませんので、よく調べてから手術を受けるようにするべきです。

健康が一番!メタボ解消を考えるブログ